スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーユルヴェーダは医療です

“アーユルヴェーダ”
と聞くとマッサージとかおでこにダラダラ何か垂らすやつというイメージが
ある方もいらっしゃると思うのですが、実はそれはあくまでも治療法であって、
本来はインド古来から伝わる医療。

現代の医学が『集団の医学』とするとアーユルヴェーダは『個人の医学』とでも
いいますか・・・その人、個人個人合わせた医療なんです。

というのも私たち人間は自分の身体と心は朝、昼、夜の同じ状態だと
思っているけれど、実はそうじゃないんです。
例えば、体温は朝と夕方で変動します。
朝は基本的に低く、午後から夕方にかけて高くなる。
同じ37度でも夕方の37度は正常でも、朝の37度は風邪のひきはじめかもしれない。

このように人間の身体はある一定の法則に基づいてリズムにのって変動しているんですね。
それは身体だけではなく精神的な情緒もです。
時間の感覚も体温が低い早朝や夜中は時の流れが早く感じるけど、
体温の高いお昼ごはんを食べた後くらいから夕方にかけては時の流れがとても
ゆっくりに感じる。
思いあたるところないですか?!

自分の1日の中でもこんなに変動があるのに、自分と他人となるともっと違う性質を
もっていますよね。
例えば電車に乗り遅れたとして
ある人はまず他の電車を使おうか、どうしようかと考える。
ある人はすごくイライラして人に文句を言ったりする。
ある人はま~仕方がないと気長に列車を待つ。

精神の状態がさまざま。これらの反応の差は脈拍や呼吸とも関係していて、
それが人の個性でもあるんですね。

だから≪その時の環境や状況に合わせて、個人個人に合わせて治療する必要がある≫と
アーユルヴェーダでは考えられていたのです。


自分の心と身体の状態を診る

バランスがとれている状態?アンバランスな状態?

アンバランスを戻す・・・治療

バランスを常に心がける・・・予防

バランスを完全にする・・・健康増進


これがアーユルヴェーダの治療の流れです。
医学的なむずかしいものではなく、どんな人にも理解しやすく、
生活をバランスすること、生活の中で注意することだからとてもシンプルな医療ですね

でもとても奥が深い。。。
ただの知識ではなく自分も試し、その智慧がヨーガでありアーユルヴェーダなので
勉強はまだまだ始まったばかりです


さ~て今日はいいお天気になりそうなので、散歩でもしようかな
みなさんも素敵な1日を・・・。


hari OM

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

【プロフィール】

∞aco∞

Author:∞aco∞

【お問い合わせ】

定期クラス以外のお日にちを
ご希望の方
プライベートクラス
出張ヨガ
シータヒーリングセッションの
ご要望、お問い合わせはコチラ
aco-cafe@hotmail.co.jp

【ヨガとシータヒーリングのご案内】

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。