スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“祈り”観てきました。

友人が3回見て3回涙したという“祈り”
観てきました。

db3768ac.jpg


私は泣きはしませんでしたが、これホント観る機会がある人はぜひ観てほしいです。


冒頭でマザーテレサのスピーチ

主よ
あなたの平和をもたらす道具として
私をお使いください
憎しみのあるところには、愛を
不当な扱いのあるところには、ゆるしを
分裂のあるところには、一致を
疑惑のあるところには、信仰を
誤っているところには、真理を
絶望のあるところには、希望を
暗闇には、光を
悲しみのあるところには、喜びを
もっていくことができますように
慰められることを求めるよりは、慰めることを
理解されることよりは、理解することを
愛されるよりは、愛することを
求める心をお与えください
私たちは自分を忘れ去ることによって、自分を見いだし
赦すことによって赦され
死ぬことによって、永遠の命をいただくのですから



初めてインドを訪れた際、マザーテレサのお墓の前で
なぜかわからないけれど大泣きしたことを思い出しました。
肉体がこの世から消え去っても愛のあたたかなエネルギーは
“不変”なのだと思った人生の初体験の出来事でした。


“祈り”と聞くと、それだけで拒絶反応をおこす方もいらっしゃるかもしれません。


でもこの映画は科学者が“祈り”を研究し、それが実際どのような結果をもたらしているのかと
科学的観点から解き明かしているので、なんだか胡散臭いと思っている方にも
興味本位でいいからぜひ観てみてほしいなーーと思うのです。


映画の中では“願い”と“祈り”の違いにも触れていましたが、
“願い”と“祈り”とは似て非なるものなんですよね。
以前に読んだ本にも書いてありました。
これからは“願う”だけではなくどれだけの人が“祈る”ことができるのかが
とても重要なキーになっていくだろうなと改めて思いました。


十三のシアターセブンでは明日までみたいですが、
ぜひいろいろなところで上映されることを祈ります。


今日も最後までお読みいただいてありがとうございます♫

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

【プロフィール】

∞aco∞

Author:∞aco∞

【お問い合わせ】

定期クラス以外のお日にちを
ご希望の方
プライベートクラス
出張ヨガ
シータヒーリングセッションの
ご要望、お問い合わせはコチラ
aco-cafe@hotmail.co.jp

【ヨガとシータヒーリングのご案内】

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。