スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

梅雨をのりきる智慧

梅雨はカラダがだるく、重くなりがちに。 アーユルヴェーダ的にはカパというエネルギーが増える時期で、憂鬱になったり、だる~くなったり、むくみやすくなったりしやすい時期。 消化の力も弱くなっています。 こんな時は ・腹八分目 ・軽く汗をかく運動 ・ぬるま湯に軽く汗かく程度に入浴 ・食事の前にしょうがを摂る というわけで、ハチミツジンジャーレモン簡単だから作ってみてくださいね しょうがをすりおろす、もしくはみじ...

続きを読む

アーユルヴェーダは医療です

“アーユルヴェーダ”と聞くとマッサージとかおでこにダラダラ何か垂らすやつというイメージがある方もいらっしゃると思うのですが、実はそれはあくまでも治療法であって、本来はインド古来から伝わる医療。現代の医学が『集団の医学』とするとアーユルヴェーダは『個人の医学』とでもいいますか・・・その人、個人個人合わせた医療なんです。というのも私たち人間は自分の身体と心は朝、昼、夜の同じ状態だと思っているけれど、実は...

続きを読む

これからのシーズン冷たいものが摂りたくなるけど。。。

昨日白湯のお話をしました。冷え性改善やダイエット、便秘にも効果があるなんてやらない手はないって♪で今日は反対のお話。これからのシーズンどうしても摂取したくなる冷たいもの。氷やアイスクリーム、キンキンに冷えたビールなんかは本当に美味しい季節ですよね。でも極度に冷やされたもの。アイスクリームや氷の入った飲み物はアーユルヴェーダ的にはおすすめできないんです。なぜだめなのかというと、身体を冷やすからいけな...

続きを読む

簡単にできる毒素の出し方

【毒素を出す】そもそも毒がたまってる状態って身体にどんな反応が出てるのか花粉症・アレルギー・アトピー・便秘・関節痛・にきび・身体がだるい・肥満症代表的にあげるとこんな感じ。もっとあげるとキリがないのでこれぐらいにしますが、自分は毒なんてたまってないと思ってらっしゃった方も、上記の症状を見てあてはまっている方も多いのでは?ではどうやったら毒素を出すことができるのか?特別な何かを使わなきゃいけないんじ...

続きを読む

アーユルヴェーダ的はちみつの取り方

アーユルヴェーダでは、はちみつはオージャスと言って生命エネルギーに満ちた食品だと言われています。インドでは薬として薬局でも売っています!!整腸作用や体内のアーマ(毒素)を浄化してくれ、Kapha(カファ)や脂肪、肥満を減らす作用があって、糖尿の人が唯一摂取して良い甘味だと言われています。(だからと言って食べ過ぎはダメです)※ちなみにKaphaのエネルギーの性質はの重、冷、油、安定、粘性なので、増えすぎると花...

続きを読む

【プロフィール】

∞aco∞

Author:∞aco∞

【お問い合わせ】

定期クラス以外のお日にちを
ご希望の方
プライベートクラス
出張ヨガ
シータヒーリングセッションの
ご要望、お問い合わせはコチラ
aco-cafe@hotmail.co.jp

【ヨガとシータヒーリングのご案内】

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。